インプラント

インプラントは外傷などで欠損した部分に自分の歯の替わりに、人工の歯根を顎の骨に埋め込みその上に人工の歯を作製する治療法になります。従来は歯を失った場合、前後の歯を削りブリッジを装着するかワイヤーを使って取り外し可能な義歯を使用しておりましたが、現在は純チタンか、チタン合金でできたインプラントを埋め込む治療が増えてきております。手入れが非常に簡単ということと、しっかりと物を噛めるということがメリットとしてあげられます。

 

インプラント治療の流れ

1.調査・術前計画

レントゲンなどによる十分な診断を行い、治療の計画についての説明を受けて頂きます。

2.インプラントの植立の手術

歯が抜けた所へインプラントを埋入した後、顎の骨をしっかりと固定されるまで3~6ヶ月お待ち頂きます。

3.人工の歯の取り付け

インプラントによるしっかりとした土台ができたら、人工の歯を上にかぶせます。

4.完了

インプラント治療後は、アフターケアとして正しいブラッシングを行うとともに、半年に1度は定期健診をお受け下さい。

PRP

PRP(多血小板血漿)とは、血液中の血小板を濃縮した血漿のことで、創傷治癒・骨の造成を促進する作用があります。

 

       遠心分離機             血小板を濃縮した血漿

         PRP                  PPP

       左PRPと右PPP

 

御自分の歯を予防する事が1番大切で、最高の方法なのですが、予防が間に合わなかったり、種々の事情で歯を失った場合は、現時点ではインプラントが最も予防性が高く確実な治療法となります。しかし、何らかの理由でインプラントが埋め込めなかった場合はしっかりと噛める義歯をお作りする事が大切となってきます。

Shilla system はこちら>>

CT

当院ではCT装置を導入しております。インプラント治療前の緻密な診断が可能な他、多彩な骨質分析が可能な為より安全な治療を受けていただく事が可能です。

 

       CT診断装置           3D画像診断ソフトとの併用で
                       より効果的な診断が可能です。

  どの方向からでも角度が変えられ、  インプラント埋入シュミレーション画像
  断面(断層)の確認が出来ます。

  多彩な骨分析が可能

  ①プロファイル分析:相対値による骨質分析

  ②インプラント分析:埋入シュミレーションを行った部分の骨質分析

 

残せなくなった歯がそのまま吸収されるのを防ぐために、歯を抜いた後にできる空洞に人工の骨を入れたり、既に歯の失われている部分に移植したりして、骨を再生させる方法があります。その再生具合や経過を観察し、状況を確認することが可能です。

 

ページのトップに戻る